イラストレーターの使い方を解説する『Illustrator 百科事典』では、無料素材、イラレ講座、トンボ、ブラシ、グラデーションなど基本的な使い方から、トレースの方法など、様々紹介します





12ツールバーいろいろ-9 【シンボルツール】

長きにわたって紹介してきたツールバー特集もあとちょっとです。
がんばりましょう。
さて、今回はシンボルツールについてご紹介します。
シンボルはデフォルトで入っているシンボルライブラリの他にも、自分で作成したアートワークなどを追加できるのでお気に入りのアートワークをいつでも手軽に使用できるのでとっても便利です。
今回はシンボルに追加する行程もふまえてご紹介していきます。
まずは、いつもの通りツールのご説明から・・・

s1.png s1.jpg  シンボルスプレーツール
シンボルを散布します。ランダムに配置されます
s2.png s2.jpg  シンボルシフトツール
散布したシンボルを動かす事ができます

s3.pngs3.jpg  シンボルスクランチツール
散布したシンボルを近づけます

s4.pngs4.jpg  シンボルリサイズツール
散布したシンボルの大きさを拡大・縮小します

s5.png s5.jpg  シンボルスピンツール
散布したシンボルを回転します

s6.pngs6.jpg  シンボルステインツール
散布したシンボルにカラーを設定します


s7.pngs7.jpg  シンボルスクリーンツール
散布したシンボルを透明にします


s8.pngs8.jpg  シンボルスタイルツール
散布したシンボルにグラフィックスタイルを設定します


さて、シンボルの説明は一通りおわったので、おまけに新規シンボルの作成とシンボルスタイルツールの追加についてご説明します。

新規シンボルの作成
新規シンボルの作成についてですが、図を参照しながらご説明していきます。

まず、メニューバーの【ウインドウ】から【シンボル】を選択しましょう。
ss1.png
そうすると下図のシンボルパレットが表示されますので、
登録したいアートワークを選択し、新規シンボルの作成をクリックしましょう。
ss2.png
あとは名前をつけてOKを押せば登録されます。
ss2-2.png
これで、新たにオリジナルのシンボルが作成されました。
使い方はこのシンボルツールで説明したことを参考にしてください。

新規シンボルスタイルの作成
シンボルスタイルの適用についてですが、初期設定ではシンボルスタイルはほとんどないので、自分の使用したい効果を加える必要があります。
下図を参照しながら確認していきましょう。

まず、メニューバーの【ウインドウ】から【シンボル】を選択しましょう。
ss1.png
そうすると下図のシンボルパレットが表示されますので、
登録したいアートワークを選択し、新規シンボルの作成をクリックしましょう。
ss2.png
あとは名前をつけてOKを押せば登録されます。
ss2-2.png
これで、新たにオリジナルのシンボルが作成されました。
使い方はこのシンボルツールで説明したことを参考にしてください。

新規シンボルスタイルの作成
シンボルスタイルの適用についてですが、初期設定ではシンボルスタイルはほとんどないので、自分の使用したい効果を加える必要があります。
下図を参照しながら確認していきましょう。

メニューバーの【ウインドウ】から【グラフィックスタイルライブラリ】から好きなものを選びましょう。
ここでは【テクスチャ】を選択しました。
ss4-1.png
そうすると下図のパレットが表示されますので、好きなテクスチャを選んで、図の○印で囲んだところをクリックしましょう。
そうすると、別ウインドウがでてきますので【グラフィックスタイルに追加】を選択します。
ss4.png
そうすると下図のグラフィックスタイルパネルに選択したものが追加されます。
ss5.png
ちなみに、上図のグラフィックスタイルパネルは、メニューバーの【ウインドウ】から【グラフィックスタイル】を選択します。
ss3.png
あとは、選択した効果でシンボルスタイルツールを使用し適用させます。
下図のようになりますね。
ss6.png






TOPPAGE  TOP 
RSS2.0